公開日:2017年2月3日
更新日:2019年7月16日

カフェプロモーションを通してテストマーケティング&事前アプローチ/purecoco

飲食を中心に広がるコラボカフェやカフェプロモーション。今回は代官山にあるカフェ内のギャラリーを利用して約1ヶ月開催されたpure cocoポップアップストアの事例をご紹介します!

飲食を中心に広がるコラボカフェやカフェプロモーション。

最近ではカフェ内にポップアップストア専用の棚やギャラリーを併設するところも増えてきました。

そこで今回は代官山にあるカフェ内のギャラリーを利用して約1ヶ月開催された pure coco ポップアップストアの事例をご紹介します!

常設店舗の出店を見越してカフェでポップアップストアを開催


▲カフェ内のギャラリースペースを利用したポップアップストアの様子。

– 今回カフェでポップアップストアを開催された理由について教えて下さい。

吉田さん:もともと代官山に常設店舗を構えたいという思いがあり、代官山エリアへ日常的に訪れる人たちにPRしたいと考えていました。

カフェであれば代官山で働く人たちをはじめ、代官山を訪れる頻度が高い人たちが集まる場所なのではないかと考えたのが出店のきっかけです。

また pure coco をご存知ない方でもカフェへの来店をきっかけにアプローチすることができ、PR効果も得られるのではないかと考え、カフェでのポップアップストア開催を決定しました。


▲カフェの外からでもポップアップストアが認識できるようサインを設置。

– 見せ方でこだわったポイントはありますか?

吉田さん:これまでは百貨店や商業施設内で販売をメインとした催事出店が多かったため、はじめてPRをメインとしたイベントを開催するにあたりブランドイメージを表現することに注力しました。

今回は出店時期がクリスマスだったこともあり、パーティーシーンを表現するためにパネルやドラムなどもオリジナルで作成しました。

開催したギャラリースペースはカフェのフロアから数段下がったところにあったため商品を手にとってもらうまでハードルがあったのですが、カフェで試食を出していただいたりといったことを通して興味をもってくださった方も多かったようです。

そうやって自然にお客様との接点を作ることができるのもカフェプロモーションのメリットのように思います。

ポップアップストアで得た知見を常設店舗にも


▲限定パッケージを中心に賑やかな商品ラインナップを展開。

– 今回のカフェでのポップアップストアに対してお客様からの反応はいかがでしたか?

吉田さん:世界観を表現することにこだわったこともあり、普段の百貨店催事と比べてInstagramなどSNSへの投稿が多かったように思います。

またカフェにいらっしゃるお客様の雰囲気や嗜好を知ることができ、常設店舗をオープンした際のお客様の層を掴むことができました。

今後は代官山の雰囲気にあわせて、店舗や商品パッケージをより大人なイメージに変えていく予定です。


▲ギャラリースペースを活用してレセプションパーティーも開催。

– 今後取り組んでいきたいことはありますか?

吉田さん:代官山の常設店舗はお客様と会話ができるような、コミュニケーションが生まれる空間にしていきたいと考えています。

この春にオープン予定なので、ポップアップストアでの気づきを盛り込みながら店舗デザインを作っている最中です。

また今後こうしたイベントを開催する際にはよりテーマを絞り込んでブランドの世界観が伝わるように工夫していきたいと思います。

ポップアップストア開催場所

代官山の猿楽古代住居跡公園に面した、緑の中の12角形の建物SOHO CORNERにあるカフェ。

ハンドドリップで一杯ずつ丁寧にいれたコーヒーが楽しめるのはもちろん、 併設するギャラリーでのさまざまなワークショップやアートイベントを楽しめる空間です。