公開日:2020年4月22日
更新日:2020年4月23日

ウィズ(with)コロナ、どう対応していく?飲食・小売事業者の対応事例まとめ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)には、長期化も踏まえた視点で対応する必要が出てきています。今回はウィズ(with)コロナにおける飲食・小売事業者の取り組みと、アフター(after)コロナの展望についての記事となります。

COVID-19は、現時点で沈静時期が変化することから不透明であり、 潜伏期の感染者、無症状感染者からの感染可能性も示唆されていることから、再開後も外出自粛が再開・長期化されるリスクがあります。

そこで、今回は長期的な目線も踏まえた対策として、ウィズ(with)コロナの環境下における取り組みと、アフター(after)コロナについても展望をまとめています。
withコロナの取り組みについては、これまでに飲食事業者や小売の事業者が行ってきたものをおまとめしました。大きく言うと、下記のような動きが展開されてきています。

飲食事業者の取り組み

・営業時間短縮の中で、デリバリー・テイクアウト対応が進行。
・お取り寄せ、レシピ販売、未来のお食事券など、オンラインを中心にPR・販売を行い、ファン作りにも活用される事業者が増えてきている。
「家で過ごす時間をどう支えるか」を基に上記の活動を展開されている様子。

□小売事業者の取り組み

・オンラインストアでの販売を進行するも多くが売上を下げてしまっている状況。
・短期的にはマスク生産など必需品販売でソーシャルグッドに売上を伸ばすアパレルブランドが増加中。
・家で過ごしやすくするモノとして動画やSNSでの発信を増やして売上を回復する・伸ばすブランドも。

次から、上記の詳細とその具体例をご紹介していきます。参考になれば幸いです。

飲食店舗の対応策事例

「デリバリー」で非来店での販売を伸ばす

営業自粛・時間短縮を受け、非来店方式で販売できる UberEats出前館などの「デリバリー販売」を開始・強化する店舗が拡大。

  • 「外出自粛要請」以降、利用者の検索数が 通常比1.5~2倍に急増中。
  • ご飯のほか、オンラインでの飲み会の需要も高まっており、4/9から酒類のテイクアウト販売を期限付きで認める免許を国税庁が新設1)。 居酒屋など、酒類提供で客単価upも行えます。

1) 国税庁 感染症に関する対応等について – 在庫酒類の持ち帰り用販売等をしたい料飲店等の方へ

「テイクアウト」で近隣通行者からの販売を伸ばす

地域住人・止むを得ず外出されている方向けに、POTLUCKPICKSでの「テイクアウト強化」を行う店舗も増えています。

  • PICKSPOTLUCKTABETTEなどのテイクアウトアプリを使い、近隣通行者のランチ・ディナー販売を伸ばすこともできます。「オンラインで事前決済し、指定時間にその場で受け取る方式」です。

「お取り寄せ」で非来店での販売を伸ばす

お取り寄せ需要に合わせて、オンラインストアでの商品販売を行う事業者様が増加。

  • 自粛で外食ができないからこそ、「お取り寄せ」の検索数も2倍に急増中。
  • ご飯のおかずやおやつ、お酒など、「ご家庭で過ごされる時間を有意義にする」商品提供がおすすめです。
  • 配送用の冷凍加工などに保健所での営業許可が必要な他、梱包・配送などが事業者様負担になる点が少々難しい点ですが、商圏外のお客様にもお買い求めいただける点がメリットです。

「既存のお客さまから応援」いただく

一定数ファンがいるお店は「favyサブスク」「来店予約チケット販売」で収益獲得を行う形を展開する方もいらっしゃいます。

  • favy サブスク」で会員特典や将来来店時の割引を提供しつつ、定額会員費をいただく形で、基礎収入と将来の来店を得る施策が可能に。現在、コロナによる影響を大きく受ける事業者向けに期間限定でシステムの無償提供を行っています。
  • その他、無料で立ち上げられるオンラインストアで「お食事券の販売」を行う事業者様もいらっしゃいます。

「レシピ」で認知や非来店販売を伸ばす

家での自炊ニーズの高まりに合わせて、レシピを基にしたPRを行う方もいらっしゃいます。一方、レシピ本の販売やデリバリーへつなげるためのマーケティング活動が多く、レシピそのものの有料販売は少ない状況です。

  • 自粛で外食ができないからこそ、自炊ニーズが高まり「レシピ」の検索数も1.5倍に急増中。また、外での飲み会が減った分、「オンライン飲み会」「おうち居酒屋」と自宅でお酒を飲まれる方が急増しています。
  • 新しいお客さまに「食べたくなる」「行きたくなる」を作りに、店舗メニューのレシピを一部公開し、noteでPRするお店も増えており、人気メニューや手軽に作れるごはん・おつまみなどが好まれているようです。

小売店舗の対応策事例

①「おうちで過ごしやすい服」として訴求を転換コロナ以前の売上まで回復
  ― Shapermint (US,補正下着ブランド)

補正下着もコロナの影響で当初は売上が減少。一方で既存のお客様が、補正下着を自宅で過ごすルームウェアとして着用していることに注目。「おうちで過ごしやすい服」として一気に広告投下して売上が30%回復。コロナ以前の水準まで回復するアイテムも増加した。

おうち時間を過ごすための情報提供する有料コミュニティを展開で売上を伸ばす等非物販領域での収益化も模索。

参考:How Shapermint pivoted its marketing strategy to focus on loungewear – ModernRetail

「服」の素材を、「マスク」に転換、需要に応える商品提供に活路
  ― ALLYOURS (東京,アパレルブランド)

アパレル販売低迷にいち早く危機感を感じ、服の素材を使った布マスクを展開。SNSを中心に大きな話題となり、販売したマスクは即日完売。不定期ながら継続的にマスク販売をしつつ、新規顧客・ベースの売上を増やしながらShapermint同様に家で過ごす時間に着目し、下記のようなアパレル売上も伸ばす試みを展開しています。

  • リモートワーク応援プラン
  • 自宅での試着キャンペーン
  • SNSでのオンライン接客
この投稿をInstagramで見る

【洗って繰り返し使える「キテテコマスク」】  ●素材について 素材に滋賀県高島市の「高島ちぢみ」を使用した、洗って繰り返し使える布製マスクです。不織布製マスクに比べ、保湿性が高いのが特徴です。さらっとした肌触りで、蒸れにくく、べたつきにくい、マスクに最適な素材となっています。  ●加工について 植物由来の成分を使用し、抗菌、消臭機能に加え、マスクにA型インフルエンザウイルスをはじめとした飛沫ウイルスを99%以上寄せ付けない特殊加工を施しています。マスクに触れるだけでウイルスが99%以上不活性化することが公的検査機関の効果試験により実証されています。この効果は50回洗濯しても効果が衰えない耐久性が実証されています。 ※ただ新型コロナウィルスには対応実験はしていませんので、予めご了承ください。  ●高島ちぢみについて 高島ちぢみとは、滋賀県高島市内にて、撚糸・織布・染色加工を組合管理のもとで一貫生産し、古くは江戸時代から着物の内側に身に着ける下着用の生地として重宝され、現在に至るまで日本人の肌と向き合いながら作り続けられている日本独自の機能素材です。  ●サイズ 横:16cm 縦:9cm〜17cm(最大伸縮17cm)  ●お手入れについて 洗って繰り返しお使いいだけます。手洗いかネットに入れて弱く洗ってください。 ヒモが劣化するので、乾燥機は使わないでください。  ※1  こちらの製品はご自宅お試し制度の対象外です。衛生面を考慮して返品交換はお受けできませんので、予めご了承いただけると幸いです。 ※2  またできるだけ多くの皆さんにお届けしたいと思っています。お一人あたりの購入点数については良識の範囲内でのご配慮をお願いいたします。 ※3  お届け時期については「種類」の名称に記載しておりますが、現在急ピッチで生産体制を整えている状況のため、前後する可能性がございます。大幅に変動する場合はメールにてご連絡をさせていただきますが、こちらも併せてよろしくお願いいたします。    ——  @allyours_jp では紹介する写真や皆さんの感想を募集してます。 #allyoursjp #オールユアーズ のタグが付いた投稿は公式アカウントから紹介させていただきます。🔥 ——   #OOTD 
#camp
#goout
#outdoor
#きょコ
#普段着 
#ソトアソビ
#きょコ
#シンプルコーデ
#シンプルファッション
#カジュアルファッション
#ミニマリスト 
#シンプリスト
#ミニマリストの持ち物 
#スタートアップ #ベンチャー
#ミニマリストになりたい #Minimalist 
#シンプルな暮らし #ノマドワーカー 
#ジャケパン #スーツスタイル #ジャケットスタイル 
#ジャケットコーデ #オフィスカジュアル 
#仕事コーデ #ootd

ALL YOURS / オールユアーズ(@allyours_jp)がシェアした投稿 –

オンラインのフィットネス動画でファンを急増、家での健康維持の波を作る
  ― Lululemon (Canada,フィットネス衣類)

コロナの情勢の中で大きく伸ばす「フィットネス」の領域。その中でもオンラインレッスンなどで大きくファンを伸ばしており、おうちでできるワークアウトなど健康維持の波を継続的に創出。中国・Wechatで数万人のフォロワー増、instagramのライブレッスンには17万人が参加するなど、顧客基盤を大きく伸ばし、店舗閉鎖中でもオンラインでの購入を促進できる状態に。

参考:Coming Out Stronger: Lululemon’s Winning Formula – WWD

「良いおうちの風景」をアイテム・メディアで演出、新生活期にしっかり需要創出
  ― 北欧 暮らしの道具店 (東京, 雑貨ブランド)

新生活に差し当たり、雑貨ブランドの中でも大きく需要を伸ばしている同店。おうちの時間が増える中で、instagramのフォローが急増しており、検索数も増加傾向に。
・短編ドラマ
・ラジオ
・プレイリスト
など、ホッとできるコンテンツも充実させ、アプリで展開していくなど既存顧客との繋がりをより強めています。

この投稿をInstagramで見る

完売していた「Lemnos」の壁掛け時計が本日入荷! スタッフも愛用中です♪ . – – – – – – – – – – – – ずっと長く使うものだから、 時計は納得のいくものを 選びたいもの。 本日は、完売していたレムノス・Campagneの 壁掛け時計が入荷しました! こちらのアイテムは、 当店スタッフや、店長佐藤も愛用中! 秒針がないから静か。 寝室などでも、安心して使えますよ◎ さらに電波時計だから、 電池を入れるだけでOK! 時刻合わせの手間がいらないのも 嬉しいポイントです◎ お部屋を大人っぽい印象にしてくれるので 春の模様替えにもおすすめですよ。 . – – – – – – – – – – – – Lemnos/レムノス/Campagne/壁掛け時計 . ▶︎ プロフィールのリンクから、お値段・サイズなど詳しい情報をご覧いただけます。→@hokuoh_kurashi . #interior#interiors#livingroom#homedecor#instahome#homewares#homestore#lemnos#campagne#時計#レムノス#カンパーニュ#インテリア#北欧インテリア#リビング#寝室#マイホーム#インテリア雑貨#グリーン#グリーンのある暮らし#観葉植物#日々の暮らし#北欧#暮らし#北欧暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿 –

afterコロナの展望

ここまでwithコロナの文脈で事例を紹介してきましたが、ここからは新型コロナウイルス感染症の感染拡大が終息に向かうと仮定したとき、どのような変化が起こりうるのか、afterコロナの観点で考えてみます。

まず、オンラインの流通額が伸びており、Adobeによるとアメリカでは2/26〜3/21までのオンライン購買数は昨年比で+63%と急増しています2)。日本でもデリバリーやネットスーパーの利用が急増していることから、これまでオンラインでの購入を行って来なかった人も、よりオンラインでの購入を利用する流れが強まると感じられます。

また、オンラインの需要が増えるので、企業のオンラインストアへの投資も増える流れが生まれます。コロナウイルスの拡大後、中国の小売企業でも67%がオンラインチャネルの拡大の意向を見せていると、ニールセン・カンパニーの調査3)でも語られています。日本でもオンワードが常設店を2019年から1400店舗閉店し、今後、オンラインでの販売強化を行っていくなど、よりオンラインでの競争が増していくでしょう。

これらを踏まえ、これから何をしていくべきでしょうか?
重要なのは、「お客さまの生活に向き合うこと」だと考えます。
『家での生活をオンラインからどう充実させていけるか』
『家での自粛にも疲れや飽きが訪れた収束後、どういった形で楽しめる接点を作っていくと喜んでもらえるか』
そのような視点を持ち、お客さまの生活に向き合うアイデアを出していく必要があると考えています。この記事がそれらの参考になれば幸いです。

SHOPCOUNTERでは今後も、アイデアを支える情報や、柔軟に借りられる場の提供を行い、誰もが価値を届けられる世界を目指します。

2) アドビ、初のDigital Economy Indexを発表 – Adobe
3) 【ニュース】新型コロナウイルス海外での影響(10) ~中国の小売企業 迅速な動きで危機がチャンスに~ – ニールセン・カンパニー


SHOPCOUNTERでは昨今の状況を鑑み、ブランド様への対応を継続しています。

<4/7再追記>新型コロナウイルス感染症に関するキャンセル対応について


また、SHOPCOUNTERではポップアップストア向けのスペースを多数掲載しています!