公開日:2016年6月24日
更新日:2019年7月19日

アットホームな雰囲気で “クラフト”への親しみを / Etsy クラフトパーティ

6/17、18に東京で、6/19に京都で開催されたEtsy クラフトパーティ。 ハンドメイドのマーケットプレイス・Etsyが2005年6月にサービス開始したことから、毎年6月中旬にEtsyのセラー(販売者)やファンが一緒にクラフトを楽しみながらEtsyの誕生を祝うイベントとして、世界中で開催されています。

6/17、18に東京で、6/19に京都で開催されたEtsy クラフトパーティ
ハンドメイドのマーケットプレイス・Etsyが2005年6月にサービス開始したことから、毎年6月中旬にEtsyのセラー(販売者)やファンが一緒にクラフトを楽しみながらEtsyの誕生を祝うイベントとして、世界中で開催されています。

そこで今回は6/18に東京で開催されたクラフトパーティの様子をレポートします!

入場無料で気軽にクラフトを楽しんでもらえる場を

▲Etsy クラフトパーティの様子。ワークショップに参加しつつ、軽食をつまみながらコミュニケーションできるアットホームな雰囲気。
Etsyは世界中で3,000万人以上のクリエイティブな人が集まり、ハンドメイドやビンテージ、クラフト資材などの個性的な商品を売買するマーケットプレイス。
日本でも数年前からクラフトパーティを開催し、口コミでファンが広がっていましたが、今年は1月にセラー向けのオンライン教育プログラム『Etsy スタート 2016』を提供するなど、コミュニティ作りに取り組んでいます。

今回のEtsy クラフトパーティでは4つのワークショップを用意。
手織りのミニタペストリーやビーズフラワー、メタルエンボッシングなど初心者でも気軽に参加できるワークショップはどのプログラムも多くの参加者で賑わっていました。

どのワークショップも初心者でも参加しやすく、30分〜1時間程度で完成できる内容のため、参加者の方も楽しみながら作業することができたようです。参加者同士がお互いにコツを教えあったり、完成したあとも軽食やドリンクを片手にクラフト談義に花を咲かせる場面も。

ただワークショップを開催するだけではなく、飾り付けにEtsyのシンボルカラーであるオレンジを使って世界観を演出したり、軽食を用意してアットホームな雰囲気をつくるといった工夫が随所に感じられるイベントでした。

▲こだわりを感じるケータリングは思わず写真を撮りたくなるかわいさ。


▲気軽に参加できる4種類のワークショップを用意。
Etsyでは今回のクラフトパーティをはじめ、Etsyのセラー同士の展示会やイベント、勉強会などの開催も支援しています。

そういったイベントの中核になるのが “チーム”と言われるセラー同士のコミュニティ。
エリアや活動内容ごとに様々なチームがあり、チーム主催のイベントに対してEtsyで蓄積されてきたノウハウやデコレーション用のアイテムを提供するといったかたちで自主的にイベントが開催されています。

日本でも東京のセラーを中心に『セラーズ東京』チームが発足し、今回のクラフトパーティにも運営メンバーとして参加。
運営メンバーでsora the magic hour jewelry主宰の千田さんも

  • 「楽しめる内容はもちろん会場や食事、飾り付けなどのノウハウをもつEtsyはすごいなと思います。
  • モノよりコトと言われますが、体験をすることに重きを置いている方が多いからか、ワークショップは盛り上がりますね。
  • 今後は東京チームとしても展示販売会や独自のクラフトパーティなど、チームとしての活動を増やしていきたいと考えているので、今回の経験をもとにさらに楽しんでいただけるイベントを企画していきたいと思います。」

と話してくださいました。

“クラフト” “ハンドメイド”の人気が高まる中で、こうした体験型のイベントは今後ますます重視されていきそうです。

▲ワークショップは1回1回が少人数なので、コミュニケーションをとりながらマイペースに進められる

スペース紹介

Etsy クラフトパーティが開催されたのは原宿竹下通りのすぐ裏にあるギャラリー。
本格的なキッチンがついているため、軽食や飲み物を用意する際にとても便利だったとEtsy Japanの浅岡氏もおっしゃっていました。

ギャラリー全体もナチュラルな雰囲気で、クラフトやハンドメイドのイメージと合う空間だったことも決め手のひとつだったそう。

テーブルなどの用意もあるので、ワークショップやマーケットイベントにもおすすめです。

利用料金エリア広さ
80,000円/日〜原宿53㎡

»スペース詳細を見る