Blog / 2017/03/14

毎週土曜日限定のショールームを通して商品体験を / andu amet

ブランドのファンを増やすためには数日間のポップアップストアだけではなく、お客様と長く深い関係を築いていくための"基地"が必要になるもの。そこで今回は週末だけショールームを開くandu ametの事例をご紹介します!

高価格帯の商品であればあるほど、数日間のポップアップストアではなくお客様と長い関係を築いていくための “基地”が必要になるもの。

そこで今回は毎週土曜日にオフィスのスペースを活用してショールームを展開するandu amet代表の鮫島さんにお話を伺いました!

オフィスのミーティングスペースを活用して毎週土曜日にショールームをオープン


▲andu amet代表の鮫島さん(左)と新家さん(右)。デザインはすべて鮫島さん自らがてがける。

- 毎週土曜日にショールームを開かれるようになったきっかけを教えてください。

鮫島さん:ブランドを立ち上げてから六本木ヒルズや百貨店でポップアップストアを開催してきたのですが、年に数回しか開催できないこと、短期間しか出店できないということもあり、いつ訪れても商品を手に取れる場所がほしいと考えてきました。

andu ametの商品は10万円以上の高額商品ですし、大量生産・大量消費ではない真のラグジュアリーを提案したいという思いもあり、もっとお客様と密にコミュニケーションをとれる場所がほしいと考えていたのです。

とはいえ立ち上げたばかりのブランドが突然常設店舗をもつのはリスクが高いので躊躇していたところ、知り合いのオフィスを土曜日限定で解放していただけることになり、まずは隔週で土曜日にショールームをオープンさせました。

オフィスは普段月曜日から金曜日しか使わないものですが、私たちは逆に平日は使う必要がないためお互いに有効活用できることがわかり、貸し出していただくことになりました。

スペースを貸し出してくださっている会社の代表の方はandu ametの理念に共感して応援してくださっています。

最近は企業のCSRや社会貢献が注目されていますが、ただ寄付をするだけではなく、こうした支援の形も今後社会に広がっていくといいなと感じています。


▲ショールームが隔週から毎週になったタイミングで全色・全デザインを揃えるように。

- 商業施設でのポップアップストアとショールームでは空間づくりにおいてどのような違いがありますか?

鮫島さん:百貨店や商業施設は買い物に訪れる方が多いので認知度向上には向いていますが、その施設のファンの方が多いため必ずしも私たちのファンというわけではありません。

だからこそショールームはandu ametのファンになっていただけるように、andu ametが運営するスペースだからこそできることをやるという位置付けです。

例えば、日本ではなかなか飲めないエチオピアの紅茶をお出しして、友人の家に遊びにきたような雰囲気を楽しんでいただいたり、トークイベントや映画の上映会など一般的な店舗ではなかなかできないことに挑戦しています。

そのため、平均して1〜2時間ほど滞在されるお客様が多く、商品に対するご意見やアイデアもいただき、それが実際に商品に生かされていることも多いです。

andu ametを知ってわざわざ足を運んでくださる方ばかりなので、製品はもちろん、職人のいるエチオピアのことや、私たちが大切にしているフィロソフィーなど、様々な話題で会話がはずみますね。

スタッフはほとんどがプロボノ!お金ではなく共感で集まるからこそできること


▲今回はじめての試みとして開催されたバータイム。

- 毎週ショールームを運営するのは人手もかかるかと思いますが、どのような体制で運営されていらっしゃるのでしょうか?

鮫島さん:実はandu ametのショールームは、プロボノと呼ばれるボランティアの方々のご協力で成り立っています。

ボランティアといっても気が向いたときに時々、というかたちではなく、事前に面接を行いしっかりコミットしていただく約束をしています。

エシカルやフェアトレードに関心があるという方やエチオピアが好きで自分も何か貢献したいという方、将来アフリカに関わる仕事をしたいという方などボランティアの動機は様々で、実際に数年手伝っていただいた後ご自身でアフリカで起業された方もいらっしゃいます。

プロボノの方々は嫌々やらされているのではなく、みなさん私たちの理念や商品に共感して手伝ってくれている方ばかりなので、販売する際にもお客様への伝わり方が違うなと感じます。


▲これまでにもトークイベントや映画の上映会といったイベントを開催。

- 今後ショールームでやってみたいことや将来の展望を教えてください。

鮫島さん:このショールームも以前は隔週開催だったのですが、体制が整ってきて昨年末から毎週開催することになりました。

これまでにもただ商品を並べて展示するだけではなく、イベントを組み合わせたショールーム運営をしてきましたが、今後はさらにお客様に楽しんでいただける方法を模索していきたいと思います。

たとえばこれまでは17時までのオープンだったのですが、先週はじめてバータイムを設けてみました。

「素敵な出会いが生まれて、楽しい時間を過ごせた。」「製品は知っていたが、お酒を楽しみつつ、じっくりと製品を見ることができた。」などお客様からは好評を頂けたので、今後も不定期ながら開催をしたいと思っています。

それ以外にもこれまで開催してきたようなトークイベントや映画上映会もパワーアップしてお客様と一緒に楽しめる場にしていきたいですね。

<ショールーム詳細>

所在地:東京都港区南青山2-22-2 南青山篠崎ビル MA24/2F( 詳細な道順はこちら

営業日:毎週土曜日 13〜17時

イベント事例:gallery イベントレポート

SNSをフォローして最新情報をゲット!

記事をシェアする

関連する記事

記事の内容に関するお問い合わせ、インタビュー依頼などは support@counterworks.jp にお問い合わせください。

人気の記事

最近の記事