公開日:2017年3月8日
更新日:2019年7月16日

地元に根ざしたイベントを通してブランドの認知を広げる /LaFabric Meets×Chigasaki

3ヶ月、半年といった比較的長期のポップアップストアでは、期間中にもお客様に足を運んでもらうための仕掛け作りが必要になります。そこで今回は「LaFabric Meets×Chigasaki」イベントについてご紹介します!

ひとくちに「ポップアップストア」と言ってもその期間は様々。

1日〜1週間の比較的短いポップアップストアであれば出店前の集客が肝になりますが、1ヶ月を超える長期のポップアップストアでは出店期間中も足を運んでもらうためのきっかけづくりが必要になります。

そこで今回は5ヶ月間開催された長期ポップアップストアの中で開催されたトークイベント「LaFabric Meets×Chigasaki」についてLaFabricの田村さんにお話を伺ってきました!

LaFabricとして初のトークイベントを開催


▲トークイベントの様子。茅ヶ崎の魅力や「はたらく」を通じたライフスタイルについて熱いトークが展開された。

– 「LaFabric Meets×Chigasaki」開催のきっかけを教えてください。

田村さん:今回のイベントは、その地域で自分らしいライフスタイルを自由にデザインしている「はたらくひと」に注目し、はたらくを通じてその人のライフスタイルをインタビューするオリジナルコンテンツMeets がベースとなっています。

「だれもが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる」という企業理念があり、自分らしくライフスタイルを自由にデザインしている茅ヶ崎の「はたらくひと」にLaFabric がMeets していくというコンセプトのもと茅ヶ崎からスタートしました。

これまでに茅ヶ崎エリアで4名の方にインタビューさせていただき、ちょうど茅ヶ崎でのポップアップストアが3月末で終了するということもあり、Meets×Chigasakiの締めくくりという意味もこめてトークイベントを企画したいと考えたことがきっかけです。


▲当日は商品開発担当より「茅ヶ崎らしいスーツ」の提案も。ゲストから「こんなスーツがほしい!」という声もあがった。

– イベントを開催する上で特に工夫したポイントやこだわったポイントについて教えてください。

田村さん:入場は無料とし、近隣にある茅ヶ崎の人気カフェのカプチーノを無料でお出しするなど、ゆったりと気ままに参加できるスタイルにこだわりました。

トークにも地元ネタを盛り込み、イベント中もたまたま登壇者のお知り合いの方が通りがかって参加してくださったりと地元のつながりを感じられるイベントになったと思います。

また今回はこの場に来られなかった方向けに茅ヶ崎テレビ Facebookページ上でライブ配信も行いました。

リーチは約8,000人、視聴数は約2,400人と想像以上の結果となり、またFacebook上で質問コメントもいただきました。

初めての試みにも関わらずこうした反応をいただくことができ、私たちとしても非常に嬉しく感じています。

長期のポップアップストアだからこそのコミュニティづくりを


▲イベント中無料配布されたカフェラテも茅ヶ崎の有名カフェ店のもの。

– 今回の茅ヶ崎でのポップアップストアは5ヶ月間という長期のイベントですよね。 LaFabricでは他の地域でのポップアップストアも比較的長い期間開催していらっしゃるイメージがありますが、長期間開催するメリットについて教えてください。

田村さん:そうですね、現在もコレド室町(2016年12月9日(金)〜2017年5月7日(日)や新宿マルイ 本館(2月3日(金)~7月30日(日))など半年以上の出店がメインになっています。

長期間ポップアップストアを開催するメリットとしては、お客様に信頼していただきやすいということがあります。

LaFabricではスーツを中心としたカスタムオーダーを行っているので、その場でお渡しするのではなく後日店頭受け取りやご自宅に配送というかたちで受け取っていただくことになります。

商品が手元に届くタイミングですでにショップの出店が終わってしまうということに不安を感じられることも多いため、信頼性の確保という意味でも1週間程度のイベント出店ではなく長期でお客様と関係性を作っていけるような出店を目指しています。


▲店内の壁にはお客様の自由な落書きが。地元の人たちとのコミュニケーションに役立っているとのこと。

– 今後のMeetsの活動について教えてください。

田村さん:茅ヶ崎はエリア特性として地元の連帯感が強く、人を通して集まっていただきたいという思いからこうしたイベントを実験的に開催しましたが、お客様からの反応もよかったため今後他のポップアップストアにも生かしていきたいと考えています。

またイベント内で「茅ヶ崎をイメージしたスーツ」を商品開発担当からプレゼンさせていただき、登壇者の方からご意見をいただくといった時間を設けたのですが、こうした参加型の取り組みも今後増やしていく予定です。

だれもが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会を実現するため、私たちは今後も実際に自分らしい人生を送っている「はたらくひと」に注目し、meetsのインタビューを通じて一人でも多くの仲間が「自分らしくはたらくことを楽しむ」ことが出来るきっかけになればと思います。

さらにここで出逢ったmeetsの仲間たちが輪となって、自分らしい人生をデザインし合えるようなコミュニケーションの場を作っていきたいと考えています。


▲店内には海の写真を展示するなど茅ヶ崎らしさを表現。

<イベント詳細>

開催日時:2017年2月26日 13:00〜15:00

開催場所:ラスカ茅ヶ崎5F内 LaFabric POPUP STORE

登壇者:伊藤 満氏(ファーボ株式会社代表)、川田 洋士氏(GARAentra総料理長)、森 浩章氏(茅ヶ崎館代表)、井手 敏和氏(ジーコンシャス株式会社代表)