公開日:2021年4月22日
更新日:2021年4月22日

短期出店(ポップアップストア)にかかる費用の考え方

スペース費用について スペース費用の考え方としては、施工費や内装費、什器費用などは含まれずに純粋に区画の利用料として使用されることが多いため、区画の賃料、外観、内装のどこに予算を多くあてていくかを考えておく必要がある。

スペース費用について

スペース費用の考え方としては、施工費や内装費、什器費用などは含まれずに純粋に区画の利用料として使用されることが多いため、区画の賃料、外観、内装のどこに予算を多くあてていくかを考えておく必要がある。

目的が商品の販売を第一にして、売上を上げていくことに重きを置くのであれば、いいエリアの区画を探すことが第一であり、区画の賃料に予算が割りあてられていき、会員制のイベントやSNS上での拡散を狙った集客や認知の拡大を想定しているのであれば、立地よりも外観や内装に予算をあてていく方がいいだろう。

ポップアップストアとしての出店の場合、同じエリアでも広さや知名度のある施設内の区画なのか、大通り沿いの路面店なのかで費用は1日あたり1万円のところから1日あたり10万近くになるところと様々である。

もし、過去に実施した実績があり、その際の来店者からの購入率やオンラインショップなどと比較した際の売れ筋商品はどれだったかなどわかるのであれば、そこから逆算してスペース費用の目安をつけていけるようになる。

index

・スペース費用の考え方
・施工・装飾費に関して
 ・外観
 ・来場口
 ・レジ前導線
 ・企画・販売物
 ・壁面や内観
 ・床面
・施工で重要な考え方
・人件費の考え方