初めてのポップアップストア

もう迷わない!あなたの目的にあうレンタルスペースの選び方

ポップアップストアと言っても出店の目的は様々です。あなたの目的に合うスペースはどのように選べばよいのでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたのやりたいことに適したスペースを選べるようになります。それでは早速質問に答えてみましょう。

スペース選びのポイント

1.来場者のターゲット

Q)あなたが開催するポップアップストアに来て欲しいのはどんな方ですか?

既に商品を知っているファンの方やお得意様

ファンの方やお得意様向けに新作発表や実際にに触れてもらう目的で出店する場合、事前に出店場所や日時の告知が可能だと思います。

その場合の出店場所は、路面である必要も人通りの多い場所である必要もありません。比較的費用のかからない2階以上のスペースであっても、出店場所がわかれば来ていただけるでしょう。

そして、お得意様がお住まいのエリア、もしくはアクセスしやすい駅を選ぶことが大切です。駅からの道順もわかりやすい方が喜ばれます。例えば、都内にお住まいで週末は表参道や渋谷によくショッピングに出かけるようなお得意様が多いアパレルファッションブランドのポップアップストアの場合、表参道駅から徒歩5分以内の2階スペースなどがおすすめです。

スペース選びのポイント
  • 路面店であることや人通りはあまり気にしなくてよい
  • 招待するお得意様がお住まいのエリア、またはアクセスしやすい駅を選ぶ
  • 駅からの道順がわかりやすいスペースを選ぶ

自分たちの商品を知らない方

新たなファン作りや、自分たちの商品を知らない方に触れてもらったり購入してもらう目的で出店する場合は、集客のための事前の告知が必要です。ですが、事前告知ができない場合、スペース自体に集客力のある人通りが多い路面店やショッピングモール、カフェやセレクトショップの一部への出店がよいでしょう。

そして、ターゲットが集まりそうなエリアや施設を選ぶことも大切です。例えば、お子様のいるファミリー層がターゲットの場合、郊外のショッピングモールがおすすめです。

スペース選びのポイント
  • 人通りが多い路面店やショッピングモール、カフェやセレクトショップの一部のスペースを選ぶ
  • ターゲットが集まりそうなエリアや施設を選ぶ

2.商品点数や商品の大きさ

Q)販売したい商品の大きさはどのくらいですか?また何点くらいありますか?

アパレル、雑貨、ジュエリーなど中小型商品、また商品点数は少数(50点未満など)

中小型商品、また販売商品の数が少ない場合、スペースの広さはさほど必要ではありません。その場合、ディスプレイ方法や在庫をどの程度置くのか量により異なりますが、20~50㎡くらいの広さがあれば十分でしょう。

あとは、商品ディスプレイとは別に試着室やフォトコーナー、飲食スペースなど置きたいもの・やりたいことをイメージしてスペースの広さを決めましょう。

スペース選びのポイント
  • 20~50㎡くらいの広さのスペースを選ぶ

家具や家電などの大型の商品、または商品点数多数(50点以上など)

家具や家電などの大型の商品、または商品点数50点以上など多数の場合、商品が置ける広いスペースが必要です。その場合、ディスプレイ方法や商品の大きさで異なりますが、50~100㎡くらいの広さが必要でしょう。

また、商品をスムーズに搬入出するために、1階かもしくはエレベーターのあるスペースがおすすめです。

スペース選びのポイント
  • 50~100㎡くらいの広さのスペースを選ぶ
  • 1階もしくはエレベーターのあるスペースを選ぶ

3.販売スタッフ手配

Q)開催期間中のスタッフはご自身で手配可能ですか?

スタッフの手配不可能

スタッフの手配が難しい場合、代わりに販売してくれるスタッフが必要です。その場合、委託販売できるスペースを選ぶとよいでしょう。

カフェやセレクトショップの一部への出店であれば、店舗スタッフに販売をお願いできる場合があります。あなたはECショップの運営や商品企画、営業など他業務を行いながら、販売は委託販売先のスタッフにお願いすることができるため、ブランドを立ち上げたばかりなど少数で運営している方におすすめです。

スペース選びのポイント
  • 委託販売できるスペースを選ぶ

ご自身や自社のスタッフが出勤可能、またはご自身で接客スタッフ手配可能

ご自身で接客スタッフの手配が可能な場合、出店場所に制約はありません。あなたの目的に沿ったスペースを選び、お客様と接することができる良い機会ですので、ぜひ心を込めて接客しましょう。

スペース選びのポイント
  • 特に制限なくスペースを選ぶ

スペースの選び方のまとめ

ここまでスペースの選び方について見てきました。それでは各ポイントをおさらいしてみましょう。

来場者のターゲット
ファンやお得意様向け
  • 路面店であることや人通りはあまり気にしなくてよい
  • 招待するお得意様がお住まいのエリア、またはアクセスしやすい駅を選ぶ
  • 駅からの道順がわかりやすいスペースを選ぶ
自分たちの商品を知らない方
  • 人通りが多い路面店やショッピングモール、カフェやセレクトショップの一部のスペースを選ぶ
  • ターゲットとしたい方が集まりそうなエリアや施設を選ぶ
商品点数や商品の大きさ
中小型商品、また商品点数は少数(50点未満など)
  • 20~50㎡くらいの広さのスペースを選ぶ
大型商品、または商品点数多数(50点以上など)
  • 50~100㎡くらいの広さのスペースを選ぶ
  • 1階もしくはエレベーターのあるスペースを選ぶ
販売スタッフ手配
スタッフ手配不可
  • 委託販売できるスペースを選ぶ
スタッフの手配可能
  • 制約なくスペースを選ぶ

最後に

これでスペース選びに必要なポイントは押さえることができたのではないでしょうか。
それでは、実際にスペースを探してみましょう。

まだスペースの選び方がわからない、希望するようなスペースが見つからない方は、SHOPCOUNTERにお気軽にお問い合わせください。これまで幅広い企画のサポートをしてきたスタッフが、あなたの企画やご要望に合うスペースを無料でご提案いたします。