公開日:2016年6月17日
更新日:2019年7月19日

オリジナル刺繍でお客様の足をとめる!リカーミ・ヴェロニカ ポップアップストア

最近は海外ブランドが日本に上陸する際にまずポップアップストアを開催する事例が増えてきました。 海外ブランドのみならず、地方発や立ち上げたばかりなどまだ認知度が低いブランドにとって短期間で直接商品をPRできるポップアップストアは注目度も高まっています。

最近は海外ブランドが日本に上陸する際にまずポップアップストアを開催する事例が増えてきました。
海外ブランドのみならず、地方発や立ち上げたばかりなどまだ認知度が低いブランドにとって短期間で直接商品をPRできるポップアップストアは注目度も高まっています。

6月8日(水)から約2週間ポップアップストアを開催したリカーミ・ヴェロニカ(Ricami Veronica)もイタリア本国での知名度は高いものの、日本ではまだあまり知られていないことから短期間の出店でブランドのPRと販売を行いました。

そこで今回は日本初上陸となったリカーミ・ヴェロニカポップアップストアの様子をレポートします!

イタリアを中心に展開する生活用品ブランド リカーミ・ヴェロニカとは

リカーミ・ヴェロニカはイタリア本土に70店舗、国内外あわせて100店舗ほど展開している生活用品ブランド。
キッチン用品やタオル、子供用品を数多く取り扱い、商品すべてにその場で刺繍をいれるサービスが人気を博しています。

刺繍をいれる際に使用するのはCornely(コーネリー)というメーカーのリカーミ・ヴェロニカ専用ミシンで、好きな文字をその場で刺繍することができます。
その場で刺繍をいれることで特別さとプライベート感を演出し、プレゼントや自分用のおみやげとして多くの方に選ばれています。

人通りが多く立ち寄りやすい立地での出店でリリースの効果も倍増

▲銀座 ソニービルでのポップアップストアの様子。ポップなカラーのアイテムが目を引く。手前のミシンでの作業中には思わず足を止める方も。
今回お話を伺ったのはリカーミ・ヴェロニカの日本正規代理店・(株)アヴァンティの代表取締役である坂本氏。
自らイタリアで修行し、ポップアップストアの期間中も次々に商品へ刺繍を施していました。

  • 今回ポップアップストアを企画するにあたり、どういった観点でスペースを決定されたのでしょうか?

坂本氏:はじめは表参道や原宿エリアの路面店舗を探していました。
しかしこれから上陸するというタイミングでまだ知名度もなく、集客面での不安もありました。

そんな中で見つけたソニービルの1Fスペースは観光案内所が隣にあり、「常に一定の集客が見込める」と思いこのスペースでの開催を決定しました。

  • ポップアップストアを開催してみて、お客様の反応はいかがでしたか?

坂本氏:「かわいい」というお声を多くいただきとても嬉しく思っています。
その場で刺繍をいれるので、たまたま通りがかった方も興味を持って店内を見てくださいます。

場所柄外国人のお客様が多いかと思っていましたが、プレスリリースやFacebookの投稿をみてきてくださった日本人のお客様も多く、「銀座駅からのアクセスがよい立地で立ち寄っていただきやすかった」のかなと思います。

  • 外国人のお客様と日本人のお客様の比率はどのくらいなのでしょう?

坂本氏:購入してくださるのは日本人の方が8割、外国人の方が2割くらいの比率です。

もともとイタリアのブランドなので、外国の方よりも日本人の方が興味をもっていただきやすいのかもしれません。

ブランドのキーとなるミシンを前面おいて通りがかりのお客様の足をとめる

▲鍋敷きやタオル、エプロン、スタイなどすべてにオリジナル刺繍がいれられる

  • 見せ方で工夫されたポイントを教えてください。

坂本氏:まずはリカーミ・ヴェロニカのアイコンともいえるオリジナルのミシンを前面に設置しました。
ビルに入ってすぐのところにミシンがあることで興味をもっていただきやすいですし、空いた時間には紙に名前を刺繍してプレゼントするといったお客様とのコミュニケーションもやりやすかったです。

あとは周りが通行量の多い道路に面しているので、外側からでも見つけていただきやすいようディスプレイを工夫しました。
スタイや鍋敷きなどの人気アイテムを中心にディスプレイしたので、見かけて「かわいい」と訪れてくださった方もいらっしゃいます。


▲ビル外側のディスプレイの様子。

  • 今後出店したい場所はありますか?

坂本氏:ミシンを使ってその場で刺繍をいれるサービスはお客様の目をひきやすいので、人通りが多いところに出店して通りがかりの方が思わず足をとめたくなるようなかたちにしていけたらと考えています。

今後ははじめに考えていた表参道や原宿エリアへの出店も視野にいれていく予定です。

他にも商業施設のイベントスペースなどたくさんの人が訪れる場所で、リカーミ・ヴェロニカの商品と刺繍サービスの楽しさを感じていただけたらと考えています。

今回の開催スペース

今回利用したのは銀座駅直結のソニービル1Fにある、外国人観光客が多く訪れる銀座路面のポップアップストアスペース。

スペースオーナー様からも
「日本初上陸のスタートにMulti Communication Windowを選んでいただき、光栄に思います。
まずは外国人観光客にアプローチしたいということでしたので、ご希望にお応えできたのではないかと思います。

売上の実績づくりに加え、ここで得た色々なお客様の多くの感想・反応が次のステップに向けた貴重な情報となります。
2016年度は注目の年。ぜひお試しください!」
というコメントをいただきました。

観光案内所が併設され、外国人観光客が多い銀座のポップアップスペース。
駅直結なので雨の日でも立ち寄りやすいのも嬉しいポイントです。

利用料金エリア広さ
要問い合わせ銀座10㎡

※このスペースは現在貸し出しをこなっておりません

まとめ:新規ブランドの初出店はビルの1Fやショップの中などのスペースがおすすめ!

今回日本初上陸となったリカーミ・ヴェロニカ。
まだ認知度がない状態では集客面に不安を感じるブランドが多いものです。

しかし商業施設への出店はハードルが高く、出店実績やイベント開催実績がないと出店が難しいことも。

そういった小規模なブランドにおすすめなのがビルの1Fや既存のショップ内への出店です。
もともと人通りがあったり集客力のあるスペースへ出店することで、これまでブランドや商品を知らなかった人にもアプローチすることができます。

その際は通りがかってくれたお客様に興味をもっていただけるように、「その場でしかできない体験を用意する」のもポイント。
リカーミ・ヴェロニカのようにその場で名前をいれるといったカスタムサービスやワークショップなど、思わず足をとめたくなる体験を用意してブランドのよさをたくさんのお客様に感じていただきましょう。