SHOPCOUNTER MAGAZINE

2019年10月1日

いつも自然体でいられるブランドでいたい / Fluggeインタビュー

多様化するインフルエンサーの動き方。インスタグラマーとして活躍しつつ、ブランドを立ち上げた「Flugge」ディレクターのお二人にポップアップストアの使い方、ブランドへの考え方を伺いました。

昨今、ブランドを立ち上げるインフルエンサーも増えてきています。インフルエンサーがビジネスを興すことはもう珍しくない世の中になっています。
熱量のある顧客を抱えた上で、ブランドを立ち上げる、という流れは今後もより一層加速していくはず。

そこで、今回は「Flugge」のkarenさんとyuikoさんにお話を伺いました。インスタグラマー・ブランドディレクターとして、二足の草鞋を履いて動いているお二人。彼女たちのブランドに対しての考え方や、ポップアップストアについての考え方を伺いました。

自分たちありきではなく、ブランドとして独立したものに。

ブランドを立ち上げた経緯を教えてください。

karen: 最初は2人とも同じブランドのショップで働いていて、そこがyuikoとの出会いでした。当時から好きな系統が似ていて、同じようなものを好きになったり、ずっと「何となく合うな」と思っていました。

yuiko: karenさんも私も、お互いプライベートでinstagramをやっていて。好きになるものが一緒のこともあり、何か一緒にできたらいいね、という話を以前からしていました。そこで、instagramのフォロワーが増えてきたタイミングで、私から「ブランドをやらないか」、とお声掛けしたのがきっかけです。

− ブランド名に名前を入れなかったのは意図したものですか?

karen: 自分たちがモデルだから売れることよりも、ブランドが自立してほしい思いがありました。Fluggeの服が可愛いよね、という形で売れてほしいと以前から考えていて。そういう意識であえて名前を入れていないです。

yuiko: 例えばinstagramを取ってみても、Fluggeの公式アカウントを更新していけば、自然と売れるような形を目指しています。

− 最近はポップアップストアを出店されてますが、その目的はなんですか?

yuiko: フォロワーさんから、「ポップアップやらないんですか?」というリクエストが来ていたこともあり、SNS上で繋がっているお客様と実際に会って接客できたら、という思いで出店を始めました。

karen: 私たちのブランドはシルエットを大切にしていて、写真だけでは伝わりにくい部分なので、実際手に取って着ていただきたいことも目的の一つです。

yuiko: 町中で「このブランド知ってる!」という声を聞けた時は、本当に嬉しいです。そういう時は、ブランドをやっててよかったなと思います。ポップアップストアを出店する度に顔馴染みのお客様が増えていくことは、ポップアップストアの楽しさの一つですね。

− 現状ではどのようなお客様が多いですか?

yuiko: 最近だと、地方のお客様も多く来ていただいています。東京で出店した際は東北から、先日大阪で出店した際は広島や徳島から、Fluggeのポップアップストアのために来ていただいたお客様もいらっしゃいました。とても簡単ではないですが、私達が継続的にやってきたからこそ、地方の方たちも来ていただけたのでは、と考えています。

karen: 実は、私とyuikoで年齢差があって、フォロワーの層も結構違うんです。私のフォロワーさんはママ層がメインですが、yuikoは20代前半のフォロワーさんが多いです。そのため、幅広い年齢層の方がお客様になっていただけているのはFruggeの特徴かもしれません。最近では私のフォロワーさんから、妊娠中でも着れるか、みたいな質問もあったり、本当に年代の幅広さを感じているところです。

− ポップアップストアにはどういったお客様に来ていただきたいですか?

yuiko: instagram上で、自分もkarenさんもフォローしていない、Fluggeの公式アカウントだけをフォローしてくれてる人が来ていただけると嬉しいですね。

karen: 実際、ポップアップストアにおいて、私たちのことをただの接客スタッフと思われるお客様も以前より増えてきています。最初は普通に接客していて、あとから「あれ…?」って気づくパターンが増えてきていて。でも、それってブランドが確立し始めた証拠だと思うので、そういうのが嬉しかったりはします(笑)

フォロワーさんと共に歩みたい

− フォロワーさんを増やすことに関してはどう考えていますか?

karen: 正直、私達個人のアカウントはフォロワーさんがそんなに増えてる訳ではないですが、Fluggeの公式アカウントは順調に増えてるので、良い調子だな、と思っています。

yuiko: instagramに投稿する際は、最近ではしっかりした一眼レフはあまり使わず、スマートフォンで服の一部だけを撮影し、投稿しています。instagramにおいてはコーディネート全体よりも、抽象的な方が入り口としてはいいんだろうな、と考えています。

− 今後、ブランドとしてこういう動きを取りたい、という目標はありますか?

karen: いつか実店舗が欲しいとは思っていますね…。実際に手に取って欲しい思いは強くあるので、お客様とオフラインで接する機会は継続的に持つつもりではあります。

yuiko: 先日、ラフォーレ原宿に2週間出店させていただいたのですが、自分たちのお店がこれまで通ってた施設に出店していたって考えると、すごいことだったんだな、と改めて感じました。やはり、商業施設への出店は憧れに近いものがありますね…。

karen: あとは、セレクトショップさんに置いてもらう、みたいなところも今後の展開としては考えています。

− ブランドとしての展望があれば教えて下さい。

yuiko: 私は今、20代中盤ですが、フォロワーさんも私たちと同じように年齢を重ねていくはずで。自分も以前より、より長く使えるものを買ったりするので、フォロワーさんの価値観も少しずつ変わっているのかな、と思っています。
なので、Fluggeはずっと若い人を狙ったブランドではなく、フォロワーさんと共に、一緒に年齢を重ねていきながら価値観を共有していけるといいな、と思ってます。

karen: 先ほどもお話ししたように、Fluggeには幅広い年齢層のお客様に来ていただけています。様々なお客様が購入しやすいようにアイテムを揃えているので、やはりFluggeは今後もお客様とともに歩むブランドでいたいな、と思っています。


Fluggeはこの秋にポップアップストアを出店予定です。

この投稿をInstagramで見る

◇◇Flugge 2019 Autumn&Winter POP UP STORE◇◇ ポップアップストア開催のお知らせ 日程:2019/10/2(火)〜10/6(日) 場所:表参道駅B1出口より徒歩5分 時間:※日にちによりオープン時間が異なりますのでお気をつけください。 2(水)12:00-20:00 3(木)12:00-20:00 4(金)12:00-20:00 5(土)11:00-20:00 6(日)11:00-19:00 2019/10/2(火)〜10/6(日)の5日間、表参道にてポップアップを開催することになりました。 アウターをメインとした秋冬の新作や、ポップアップ先行商品もご用意しております。去年ご好評を頂いたアウターの受注会も行いますので、ぜひこの機会にFluggeの商品を手にとって、実際に羽織っていただけたらと思います。みなさまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。 #flugge#fluggepopup#popup#fluggeofficial

Flugge_officialさん(@flugge_official)がシェアした投稿 –

◇◇Flugge 2019 Autumn&Winter POP UP STORE◇◇

日程:2019/10/2(火)〜10/6(日)
場所:表参道駅B1出口より徒歩5分
時間:2(水)12:00-20:00 / 3(木)12:00-20:00 / 4(金)12:00-20:00 / 5(土)11:00-20:00 / 6(日)11:00-19:00
※日にちによりオープン時間が異なります。お気をつけください。


今回ご利用頂くスペースはこちら!