公開日:2015年9月19日
更新日:2019年7月16日

ポップアップイベントの開催場所選びでおさえておきたい3つのポイント

ポップアップストアは、トークイベントやワークショップを絡めることでより多くの人に興味をもってもらうこともできます。そこでこの記事では、ポップアップイベントの開催場所選びでおさえておくべき3つのポイントをご紹介します。

ポップアップストアの「期間限定」といったプレミアム感は多くの人々を惹きつけますが、購入を迷っているお客さまは来店のきっかけがもう一つ欲しいものです。
そうした来店のきっかけを作るとともに、商品体験や理解のためのイベントを設ける形をポップアップイベントと言います。

今回は、既存のお客さまはもちろん、新規のお客さまの来店動機をも作り出すポップアップイベントについて、魅力からどう展開するかまでご紹介します。

ポップアップイベントの魅力とポイント

ポップアップイベントの魅力

ポップアップイベントは、出店中に商品を体験するワークショップやブランドのカルチャーに近いアーティストのLIVEなどイベントの時間を設けることで、商品の利用シーンやブランドのカルチャーを明確に感じてもらい、より商品やブランドへの理解を深めることができます。

またイベントで人が集まっている様子が外から見えると、通りすがりのお客さまの来店につながることもあり、新規のお客さまの来店動機を作り出すことができます。

ポップアップイベントのポイント

  • 事前に告知をするなどイベントへの集客や、企画によっては参加者管理が必要
  • 出店準備とは別にイベント開催の準備も発生

ポップアップイベントの開催場所の選び方

どのようなスペースがポップアップイベントに向いているか、開催場所選びの3つのポイントをご紹介します。

1.展示(販売)とイベントスペースが分かれているか

イベントと同時に商品の展示・販売を行う場合はそれぞれの空間が仕切られていると効果的に商品をアピールすることができます。

また数日間のポップアップストアの中で一部の時間帯だけトークショーやワークショップなど行う場合は、椅子や机などの什器を出し入れしやすいスペースかどうかもチェックしましょう。

どんなによいスペースでも、什器の出し入れがしにくいとお客様をお待たせしてしまう可能性が高まってしまいます。

什器のストック場所と出入り口の広さは要確認です。

▼スペース例:趣を感じるプライベートキッチン&ショールーム/三軒茶屋

利用料金:30,000円/日〜
広さ:30㎡以上〜40㎡未満

三軒茶屋にあるプライベートキッチンレンタルスペースは、キッチンスペースとショールームスペースが分かれているのが特徴的。

キッチンをレンタルして1日限定レストランを開きながら、隣のショールームスーペースで絵画やハンドメイドアクセサリーの展示・販売を行うというコラボレーションもできそうです。

詳しくはこちら

2.オープンな外観か

イベントを行っている様子をオープンにすることで、お客さまの興味を引き来店動機を生み出します。
道路に面しているスペースで入り口前面や周辺に余裕があれば、什器を持ち出してフリーマケット風にするのもおすすめです。

▼スペース例:丘の上のビストロで朝昼限定店を/恵比寿

利用料金:30,000円/日〜
広さ:40㎡以上〜50㎡未満

恵比寿の自然派レストランで朝昼限定のポップアップストアを開くことができます。

天気がよければ店先のテラスを使って商品を販売しつつ、レストラン内の広々としたダイニングテーブルを使ってワークショップイベントを開催するという使い方はいかがでしょうか。

詳しくはこちら

3. イベント用の設備は整っているか

音楽・フードイベントを行う場合は、音響設備やキッチンなどが整っているかどうかも確認しましょう。

マイクやスピーカーなどの機材が貸し出し可能か、飲食可のスペースかどうかなど、イベントの企画内容をオーナー様に説明してアドバイスをもらいながら確認していくのがおすすめです。

*フード提供の場合は、営業許可が必要な場合があります。
一度、出店地域の保健所に内容をご相談ください。

食品営業許可についてはこちらもご参照ください

▼スペース例:東東京のコミュニティースペース/浅草・入谷

利用料金:39,000円/日〜
広さ:100㎡以上〜

広さ110㎡、天井高4mもの広々としたスペースには音響設備やプロジェクターも完備で、トークショーやワークショップなどのイベントにも最適です。
軽飲食も可能なので、イベント後の交流会や打ち上げも可能です。

詳しくはこちら

まとめ

これまで、ポップアップイベントの魅力やポイント、開催場所の選び方をみてきました。

  • 1.展示(販売)とイベントスペースが分かれているか
  • 2.オープンな外観か
    1. イベント用の設備は整っているか

この3点を意識してスペースを選ぶことで、より魅力的なポップアップイベントを開催していきましょう!