公開日:2020年10月28日
更新日:2020年10月28日

押さえておきたいオンラインストアの基礎をご紹介。メリットは?運営の仕方は?

インターネットやスマートフォンの普及にともない、私たちにとって身近なものになったオンラインストア。この記事では、「開業してみたいけれど、なんだか難しそう」……とお悩みの方に向けて、オンラインストアの基礎をご紹介します。開業するうえでの具体的なメリット・デメリットもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

◆オンラインストア(オンラインショップ)とは

オンラインストア(オンラインショップ)とは、インターネット上=オンラインで商品を販売する形式や、そのサイトのことを指す言葉です。「ネットショップ」や「EC(Electronic Commerce)サイト」とも呼ばれています。注文を受けてモノを発送する物販が中心ですが、英会話や情報商材など、サービスを販売する場合にもオンラインストアと総称される場合があります。

◆オンラインストアのメリット

実店舗を構える場合と比較した時の、オンラインストアのメリットを確認していきましょう。

■メリット① 幅広い層の消費者を集客できる

オンラインストアが登場する以前、つまり実店舗では、「店舗の近くに住んでいる(店舗の近くを通る)」か「店舗のことを知っている」消費者に対してしか、商品を販売できないという制約がありました。ところがオンラインストアでは、どこにいてもインターネットを通して商品を購入できるうえ、検索サイトや広告を通して幅広い層の消費者を集客できます。クレジットカードや代金引換といった決済システムのおかげもあり、全国、全世界の人が顧客になってくれる可能性が考えられるのです。

また先ほど「実店舗を構える場合と比較」と述べましたが、業種や業態によっては、実店舗とオンラインストアを同時に運営しているケースも珍しくありません。オンラインストア経由で顧客になった消費者が実店舗に足を運ぶこともあれば、実店舗を知っている顧客がオンラインストアで商品を購入することもある……といった具合に、すでに実店舗を持っている場合には、オンラインストアをオープンすることで相乗効果が期待できるでしょう。

■メリット② 低コストで出店できる

オンラインストアは、物件の賃料やレジ打ちをする従業員が必要ないため、比較的低コストで出店可能です。もちろんサイト作成を外注する場合の料金、決済システムの手数料など、オンラインストア特有のコストは存在しますが、実店舗に比べれば安価に収まります。

■メリット③ 営業時間を問わずに商品を販売できる

オンラインストアは注文の受付や決済を自動化できることから、サイトの管理を除けば、必要な業務は在庫管理・注文の確認・商品の発注のみに絞られます。そのため24時間年中無休で商品を販売することも可能です。業態によっては、副業としての運営も難しくないでしょう。

◆オンラインストアのデメリット

オンラインストアにはいくつものメリットがある一方で、デメリットもある点には注意が必要です。

■デメリット① 価格競争が激しい

第一に挙げられるデメリットは、価格を中心とした同業他社との競争が激しいところです。地理的な制約がないというのは、裏を返せば、全世界のオンラインストアが競争相手になるということ。同じ商品を扱っている同業他社がいる場合、「どちらのサイトの方が安く買えるのか」という比較は避けられません。

結果として1円単位での値下げ合戦が起こり得るほか、消費者の潜在意識にある、「インターネットなら安く買える」という考えに応えなくてはならないケースもあります。

■デメリット② 集客方法が複雑

集客やリピーター獲得の面でも、オンラインストアならではのデメリットが存在しています。それは、方法がとにかく複雑であることです。

ただサイトを作ってオンラインストアを開業しただけでは、どれだけ魅力的な商品を扱っていても、集客は見込めません。集客のためには各種インターネット広告や、検索サイトから多くの人を呼び込むための工夫など、「WEBマーケティング」と呼ばれる施策が必要です。

出店場所や売場づくりを考えなければならない実店舗と、WEBマーケティングが必要なオンラインストア。集客するのが大変なのはどちらか……というのは難しいところですが、新しい技術やそれに対する知識が必要になるのは、オンラインストアならではの課題と言えるでしょう。

■デメリット③ 顧客とコミュニケーションを取りづらい

顧客と顔を合わせる機会がないことから、リピーター獲得のために工夫が必要なのもデメリットのひとつです。

実店舗であれば通勤・通学途中に立ち寄る、店員と顔なじみになるなど、自然とリピーターが生まれることも考えられます。他方、インターネット上だけで取引が完結するオンラインストアでは、そうはいきません。品揃えや価格、サイトのデザインなど、オンラインストアそのものの魅力がリピート率に直結するのです。

◆オンラインストアの運営

以下では、実際にオンラインストアを運営する際の流れをご紹介します。

■商品の選定

商品を販売するとなると、実店舗と同じく、“仕入れ”が必要になります。商品の種類や仕入れ値の他、商品の保管場所・保管方法も意識しなければなりません。

■商品の管理

十分な在庫を確保できているか、不良在庫を抱えていないか、価格設定は適切か・・・など、実店舗における“在庫管理”がこの工程にあたります。

■顧客の管理

顧客が登録したメールアドレスや氏名といった情報は、メールマガジンなどのマーケティングに欠かすことができません。そのため頻繁に商品を購入してくれるリピーターを把握しておくなど、効率的な管理が必要になります。

■サイトの管理

スムーズに商品を購入できるように、サイトのシステムや外観を整備しておくことも重要です。具体例としては、売れ筋商品の特設ページを作成したり、季節に合わせてデザインを変えたりする作業が挙げられます。

■マーケティング業務

インターネット広告の作成や出稿、プロモーションの立案などが、このマーケティング業務の一部にあたります。競合他社のサイトをチェックするのも、マーケティングの一環と言えるでしょう。

◆オンラインストアを活用して効率的に商品を販売しよう!

WEBマーケティングの知識が必要になる反面、安価かつ効率的に商品を販売できるオンラインストア。新しく販路を開拓したいと考えている方は、出店を検討してみてはいかがでしょうか。