Success Story / 2015/11/12

「文化の秋」にあわせたイベントでネットショップをPR/ 3杯のコーヒーと北欧の絵本展

商品の販売だけでなく、カフェを併設するなど商品以外の価値を提供するポップアップストアも増えてきました。この記事では、GMOペパボが開催した、コーヒーと400冊の絵本を楽しむポップアップイベント「3杯のコーヒーと北欧の絵本展」の事例をご紹介します。

Story

よむよむカラメルは、「家族の暮らしを楽しくする」をコンセプトにお店やモノとの出会いの場を作る新しいWebメディアです。10年以上の歴史と60,000人以上のお店を誇る「カラーミーショップ」から、編集部選りすぐりのユニークなショップを「取り寄せレポート」「比較レポート」「インタビュー」など様々な切り口で紹介しています。

そうしたメディア上で商品・ショップの魅力を伝えるだけではなく、にっぽんネットショップ祭りをはじめ、リアルでの販売支援・活動からショップの魅力を伝える試みが始まっています。

その一環として、文化の秋という時期に合わせ、カラメルで紹介している絵本ショップとコーヒー・クッキー・ケーキといった各店の商品が楽しめる、ポップアップカフェイベント「 3杯のコーヒーと北欧の絵本展 」は生まれました。

Run the idea

ポップアップカフェの出店先は、優しい光差し込む青山のスタジオ
骨董通りを少し小道に入った静かな道にあるスタジオで、アイビーに包み込まれた独特の雰囲気あるスペースです。

そんなスタジオの1Fで行った、1日限定のポップアップカフェ。
カフェ営業にあたり、着々と準備が進められております。

スウェーデン絵本専門店「Lilla Bokhandeln」さんによる400冊もの絵本展示の準備も着々と進みます。

山形の「AURORA COFFEE」さんと北海道の「暮らしと珈琲 みちみち種や」さんのコーヒー7種類から、3杯無料でいただき味の違いを楽しめるほか、北欧料理店「リラ・ダーラナ」さんのケーキも限定提供。コーヒー豆もその場で買えるほか、京都「Calico」さんの可愛いネコさんクッキーもその場で販売されていました。

準備が整い、それぞれのショップの出店準備が完了。スタッフもそれぞれ配置につきます。

12:00。いよいよオープンを迎え、入場開始です。

イベント情報を見て訪れたカップル・ご夫婦から、骨董通りを散歩されていたご夫婦まで。
多くのお客さまが列を作って、絵本やコーヒーを楽しみにしながら、お話に花を咲かせていました。

5時間で350人もの来場者をお迎えし、短いながらも多くの笑顔を作ることのできたポップアップカフェになりました。

Voice


GMOペパボ株式会社 カラーミーショップ ディレクター 白方さま

骨董通りから少し奥に入った閑静なエリア。 会場を初めて見た瞬間から、テーマにあった雰囲気にひとめぼれしました。 外観を這う蔦や白を基調としたあたたかみのある内装など 北欧と絵本にぴったりの装いで、すぐにこの場所での開催を決めました。

実際に開催してみて、 お客様からも「会場の雰囲気がすてきだった」とお褒めの声を多数いただき この場所にきめてよかったなあと、あらためて実感しました。 当日は、お友達連れでいらっしゃった方はもちろん、 お子さんと一緒に来てくださったママさん方や 大人のご夫婦など、想定していたよりも幅広い層のかたに コーヒーと絵本を楽しんでいただけて、大変嬉しかったです。

メディアを通じたネットショップに関する情報発信はもちろん、海外雑貨セレクトショップのおもしろさをお届けする「世界のおみやマーケット(12月5日, 6日開催)」や、47都道府県の魅力を伝える「にっぽんネットショップ祭(来年秋開催予定)」など、今後もリアルイベントを通じてネットショッピングの楽しさをよりたくさんの方へお伝えしたいと考えております。

Summery


「文化の秋」「食欲の秋」の時期性を捉えた今回のポップアップカフェは、表参道エリアを散歩される多くのお客さまにリーチできたイベントになりました。

静かすぎず賑やかすぎないこのスペースの独特の雰囲気と空間に合わせてスタッフさんが手を加えたリース・家具などの内装が、年代性別問わず、ゆったりとしながらコーヒーや本を楽しめる空間を作っていたように感じます。実際に、お子様からカップル、ご年配のご夫婦まで幅広い年代層のお客さまが笑顔でコーヒーや絵本を楽しむ様子をイベント中、度々見かけました。

また、今回のポップアップカフェでは、コーヒーの試飲から豆を買われるお客さまが多かった点も印象的でした。オンラインでは味がわからない状態で購買までのハードルが少々高い飲食・フード系の商材も、実際に食べてみることで味を確かめることができ、納得感を持って購買いただけたのではないかと感じます。
特に今回提供されていたコーヒー7種類は、味が分かれていて比較がしやすかったことから、自分の味の好みを知りながらお気に入りを探し当てる楽しみもありました。

一度気に入られた商品は、再購買を促しやすいこともあり、長い目で見てもブランドを構築していく施策として、ポップアップストアでの展開の中でブランド・商品を体験していただくことが効果的であると感じたイベントでした。

スペース詳細

今回ポップアップストアを実施したのは表参道の骨董通りを少し小道に入った静かな道にある優しい光差し込む青山のスタジオ

ビンテージ感のある2階建ての建物は1階だけでも1,2階丸ごとでも様々な借り方が可能です。
2階を試着スペースや商談スペースにして、シークレットセールや展示会を開催するのもおすすめ。

癖のないシンプルな空間は、今回の事例のような複数のブランドが集まるマーケットイベントにも適しています。

スペース詳細を見る

SNSをフォローして最新情報をゲット!

記事をシェアする

関連する記事

記事の内容に関するお問い合わせ、インタビュー依頼などは support@counterworks.jp にお問い合わせください。

人気の記事

最近の記事