Success Story / 2017/03/15

商業施設の一角でポップアップストアを開催 /ARRO

人通りも多く、ブランドを知らないお客様にもアプローチできることで人気の商業施設でのポップアップストア。この記事では渋谷の商業施設内でポップアップストアを開催したARRO、SUPER SEVENの事例をご紹介します。

ポップアップストアといえば商業施設内での開催も多いもの。

そこで今回は渋谷の商業施設内でポップアップストアを開催したARROSUPER SEVENを展開する渡辺さんにお話を伺いました!

ブランドのお披露目も兼ねたポップアップストアを開催


▲ポップアップストアの様子。「ブック&カルチャー」をテーマにしたフロアのため、棚の後ろには本がずらりと並ぶ。

- ポップアップストアを開催しようと思ったきっかけを教えてください。

渡辺さん: もともとSUPER SEVENというブランドを運営していたのですが、新しく立ち上げたARROの商品をたくさんの方に知っていただき、その反応を見たいと思ったからです。

これまで百貨店を中心に年4、5回ほど出店してきたのですが、世界観を自由に出しやすい空間で開催したいと思い開催に踏み切りました。


▲棚以外の展示用什器はすべて持ち込み。

- 今回のスペース を選んだ理由について教えて下さい。

渡辺さん: アクセスがしやすく、誰でも入りやすい雰囲気であることを重視して探しました。

今回はSNSをフォローしてくださっている方や既存顧客の方に実物の商品を見ていただきたいという目的もあったため、おでかけのついでに立ち寄りやすい場所という点が決め手になりました。

実際にSNSでの告知を見て足を運んでくださった方も多かったです。

幅広い年代へアプローチし、HPへのアクセス数も増加

- お客様の反応はいかがでしたか?

渡辺さん: フロアにいらっしゃるのは20代後半から30代の女性がメインで、ブランドのターゲットには合致していたように思います。

意外と40代、50代の方も立ち寄って見てくださいました。

購入されるのはSNSで事前に見て、実物を見た上で買いたいと来店してくださった方がほとんどでした。

ただHPのアクセス数やSNSのフォロワーが若干増えていたので、新規のお客様にもブランドを知っていただけたのではないかと思います。

- 今後開催してみたい企画や出店してみたいスペースなどあれば教えて下さい。

渡辺さん:今回は既存ファンのお客様の来店が多かったため、次回以降は新規のお客様を増やすことをメインに、さらに人通りの多い場所で開催してみたいと思います。

商業施設の中でも場所によってお客様の反応が変わるかと思いますので、普段の人通りを事前にチェックしながら出店場所を検討していきたいと思います。

今回の開催スペース

今回ARROがポップアップストアを開催したのは新商業施設内にある展示台スペース

渋谷駅より徒歩6分、大人のための“遊ぶ・憩う・学ぶ・創る”といった多様なコンテンツが集積した商業施設。

5〜7Fの「ブック&カルチャー」という新業態の書店に設けられている展示台スペースでポップアップストアを開催できます。

フロア全体が書籍を手に取り、音楽を聴きながら、飲食が出来るようなボーダレスな特徴あるデザイン。

年代を問わず様々なお客様が行き交うスペースでポップアップストアを開催しませんか?

スペース詳細

SNSをフォローして最新情報をゲット!

記事をシェアする

関連する記事

記事の内容に関するお問い合わせ、インタビュー依頼などは support@counterworks.jp にお問い合わせください。

人気の記事

最近の記事