補償プログラム

より安心してスペースのご利用ができるようになりました

補償プログラムとは?

三井住友海上火災保険株式会社と協業の上導入した専用の補償プログラムです。
SHOPCOUNTERサービスを通じてスペースをご利用の際に、建物や什器、第三者に対し損壊を与えた場合、
ユーザーが負担する法律上の損害賠償責任を本保険にて補償いたします。

※一部、補償対象外になる事例がありますので詳細はお問い合わせください

  • 申し込みは不要

    事前申し込みは必要ありません。
    SHOPCOUNTERサービスを通じた全予約に毎回適用されます。

  • 保険料はかかりません

    追加で保険料がかかることはありません。
    お金のことを気にせずに安心して補償プログラムをご利用いただけます。

補償条件

施設賠償責任保険が適用され、対象によって補償条件が異なります。

  1. 1. 第三者に対する補償

    支払限度額
    身体損害・財物損壊 1事故につき1,000万円
    免責金額
    3万円

    施設を所有、使用または管理する者が、施設の構造上の欠陥や管理の不備あるいは施設の用法に伴う仕事の遂行に起因して、他人の身体に障害を負わせたり、他人の財物を損壊した場合、法律上の損害賠償責任を負担することにより被る損害に対して保険金を支払います。

  2. 2. レンタル物件オーナー
    に対する補償

    支払限度額
    財物損壊1事故につき1,000万円、修理費1物件につき100万円
    免責金額
    3万円

    不測かつ突発的な事故により借用戸室に損害が発生してしまった場合の建物オーナーに対する損害賠償責任を補償します。

※補償内容及び補償可否の詳細に関しましては、当社と三井住友海上火災保険株式会社との間で
締結された保険契約の普通保険約款・特約等によるものとします。

お支払い事故例

  • やけどを負わせてしまった

    借りているスペースの利用中に、来店されたお客さまにあやまってコーヒーをこぼしてしまい、火傷を負わせてしまった。

  • 穴をあけてしまった

    借りているスペースの利用中に、壁にあやまって机をぶつけてしまい、壁に穴を開けてしまった。

  • ボヤを起こしてしまった

    借りているスペースの利用中に、ユーザーがボヤを起こしてしまい建物の一部が焼失してしまった。

対象外の事故例

  • ・自然災害により、来場者がケガをされたり、物件が損壊した場合。
  • ・物件の経年劣化により損壊した場合。
  • ・対象施設を用いた業務に関連しない事故。(ユーザーの日常生活に関する事故など)
  • ・事故発生後30日を超過してご報告いただいた場合。

事故発生時の手続き

ユーザーさまからの正式な事故報告、
保険金請求書類のご提出がない場合は補償対象外となりますのでご注意ください。

事故内容のご報告

当社まで事故内容報告および、下記書類のご提出をお願いいたします。

  1. 1. 修理見積(請求書)等
  2. 2. 被保険者(ユーザー)が費用負担したことの分かる支払い確証(領収書、振込票等)
  3. 3. 事故内容の把握に必要な写真
  4. 4. その他、追加で必要と判断された資料
連絡先
  • 株式会社COUNTERWORKS 担当:田崎
  • TEL:03-6420-0773 (営業時間 平日9:30-18:30)
  • E-mail: support@shopcounter.jp